レイコップ・ジャパン株式会社

company

「ふとん環境を改善する」という医師の発想こそが、
健康で快適な生活に貢献できると信じています。

image

病院での治療から、生活空間からの予防へ。
全てはある医師の挑戦からはじまりました。

レイコップ・ジャパン代表取締役のリ・ソンジンは、かつて医師として、増え続ける呼吸器のアレルギー患者の治療にあたっていました。「アレルギー症状の主な原因は、ふとんに潜むダニとハウスダスト…本当に必要なのは、病院での治療ではなく根本的な“予防”だ」。そう考えた彼は、自らの医師として使命と情熱を、全く新しい「ふとんクリーナー」の開発へと傾けたのです。

image

睡眠環境を変え、健康を支える。
それがレイコップの存在意義です。

医師の仕事は患者の悩みに耳を傾けることからはじまります。その姿勢は今も変わることはありません。私たちはレイコップをご利用をいただいているお客様の声に耳を傾け、その声に応えするために、社内に「R&Dセンター(Reserch and Development)」を併設し、日々、ダニの観察・研究を重ね、製品のさらなる改良に活かしています。
清潔なふとんで安心して熟睡する…それは、健康の維持に欠かせない営みです。良質な睡眠は、成長や脳の疲労回復、脂肪の燃焼や病気への抵抗力といった体機能の修復・再生をサポートし、代謝コントロールを調整する働きのある成長ホルモンの分泌を促すとも言われています。
「ふとんケア」の専門家として、寝具を常に質の高い状態に保ち、安心・安全な睡眠環境を提供できる製品を送り出すこと。そして、世界中の人々の健康で快適な生活に貢献すること。私たちは、それが「レイコップの存在意義」だと確信しています。